活動内容


日本ベトナム平和友好連絡会議(略称:JVPF)は、1999年の設立以降、関係機関、関係者,支援者の皆様のご協力もと一致団結をし、困難な局面を乗り越えながらも、いくつものプロジェクトを成し遂げてきました。近年めざましく発展をし続けているベトナムですが、今だにベトナム戦争の傷跡ものこり、大量に投下された化学兵器の枯れ葉剤は、猛毒で発ガン性の高いダイオキシンを含み、被災した両親の子供たちへの後遺障害、遺伝子障害は予測不能なほどです。こうした多くの被害者の子供たちの支援ため、ベトナム民族アンサンブル・チャリティーコンサートを日本全国で公演し、その収益金をもとに2004年タイビン省に枯葉剤被害者リハビリ施設を建設。2006年日本政府の「草の根・人間の安全保障無償資金協力」の助成も得て障害者職業訓練センターの開設を実現しました。施設が完成し、器具類が配備されましたが、まだ不十分なのが現状です。継続的な支援が必要とされています。また、経済の発展に伴い貧富の差も激しくなり、少数民族の人たちは、貧しい生活をしているの現状です。
2005年に少数民族出身高校生奨学金制度をスタートさせました。
JVPFは、両国の平和的な友好関係を構築するため、「社会教育の推進を図る活動」「学術・文化・芸術文化またはスポーツの振興を図る活動」「人権の擁護又は平和の推進を図る活動」「国際協力の活動」「子どもの健全育成を図る活動」のテーマを掲げ、目的を達成するために活動を行っております。


 

  • 主な活動内容

    (会報『HOA BINHレポート』PDFをご覧下さい)
    ◆枯葉剤爆弾被害児童支援活動
    ◆ベトナム民族アンサンブル公演活動
    ◆少数民族出身高校生奨学金支援活動

  • 2016年活動案内

     

  • ハザン省少数民族中学生奨学金事業
    54の民族が暮らすといわれるベトナムでその大半は約86%を占めるキン族(通称:ベト族)だが、ハザン省ではそのキン族が約12%いわれる省で22もの少数民族が暮らす省である。この省の一つの中学校で奨学金支援を検討中。
  • 枯葉剤爆弾被害者慰問及び調査活動(2016年12月予定)
    JVPFがチャリテイーコンサート益金で設立したタイビン省のリハビリ施設の他、被害者生存地域を調査・慰問する。
  • 枯葉剤爆弾被害者支援/ベトナムアンサンブルチャリティーコンサート(2016年10月)
    21年目となる「2016年秋ベトナムアンサンブルチャリティーコンサート」は国立ボンセン歌舞団選抜グループと隻腕のギター奏者グエン・テ・ビンを招き九州、中四国、関西、関東で予定。